Redmineで工程管理!

IT関係

エクセルでの工程管理は限界だ!

そんな思いからプロジェクト管理ツールのRedmineを最近使い始めましたがこれが最初はややこしいのですか慣れると意外と使えます

特に良いのがLychee(ライチ)というガントチャートプラグイン

このプラグインをいれると工程管理、進捗管理がだいぶやり易くなりました

フィールドの作り方次第ですが、以下の情報を持つチケットをタスクとして作れば開発メンバーの進捗の見える化は図れるでしょう

・計画工数

・計画成果物量

・計画開始日、終了日

・担当者名

・達成度

・ステータス

・実績工数

・実績成果物量

・実開始日、終了日

これらの項目をすぐにフィルタ表示できるのが素晴らしい!

レッドマインのデフォルトのガントチャートだとチケット題名と横棒でのチャートぐらいしか見えないけど、ライチなら上記全部が一覧で見えるし、

その上なんと

ガントチャート画面でチケットの編集ができちゃいます!

サクッとチケット追加したり、進捗入力したり、担当者変えたり、自由自在!

なお私は別にライチの回し者ではありません(・。・;)

ただ、ライチガントチャートはチケットやフィールドが多いとブラウザが重くなりがちです

でもChromeさんなら大丈夫

IEさんは重すぎ、、社内のセキュリティポリシーのせいかもしれんけど、、

Chrome推奨です

で、

大事なのは計画を用意することですね

さすれば実績との差異を見て色々見えてきます

遅れ、進み具合はもちろん

誰の生産性がいいとか悪いとか、

どのモジュールが苦戦してるかとか、

プロジェクト管理側としては欲しい情報が見えてきて、

やばいモジュールや人に早めにテコ入れすることができます

なにより私はレッドマインの チケット という仕掛けが好きです

なぜなら基本的に担当者を割り振って期限をきるのが原則なので。

今この作業のボールを持っているのは誰か、

これがひと目でわかるのは非常に大事です

メールなんかで作業を振ったりしちゃうと、宙に浮いてるタスクが出てきちゃいます

担当者を明確にすることで、

この仕事はあんたの責任でやるんやで!

と皆に知らしめることができます

そして、万が一にも自分に振ってきたときにはさっとやってさっと次の人にボールを渡しちゃう

この投げ合いの中でモノづくりが進んでいくのが結構楽しかったりします(・∀・)

もう少しレッドマイン談義を続けますが、レッドマインのwikiも大好きです

メンバーに共有すべきちょっとしたノウハウとか、開発環境の構築方法とか、コメントの書き方みたいなルール的なこととか、

htmlでサクッと書けてサクッと公開しちゃえます

もっさりしたWordとかEXCEL君で作るなんて面倒!ブラウザサイコー(・∀・)

レガシーな方々よ、今すぐ脱エクセルですよ!

また何かいいアイデアや使い方がでたら書きます。では。

にほんブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへにほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへにほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました